舞のお稽古での準備運動

  • 2018.08.17 Friday
  • 15:12

 

お稽古のときは、身体をほぐすことにもしっかり時間を使います。

 

速い動きではなく、ゆっくり動くことは深層筋を使うことになりますので、じわじわと汗が出て温かく(今なら暑く^^;)なってきます。

 

まっすぐ立つだけでも、全身を使いますので、けっこうなエクササイズになります。

 

丹田に力を入れて立ちますが、肩の力は抜きます。

 

身体の土台ができて軸が通ると、上半身は力をいれなくても背筋が伸びます。

 

表面の筋肉に力を入れるのではなく、身体の軸をしっかり取ります。

 

また、身体をねじらないナンバの動きは、やればやるほど、身体にしっくりくるのを感じます。

 

一つ一つの動きを丁寧に動くようにすると、自ずと姿勢が良くなると思います。

 

1時間半ほどのお稽古ですが、身体を丁寧に動かすことで疲れも取れてすっきりと爽やかになりますし、祭祀舞を練習させていただくと、厳かな気持ちになりますので、清き明き心になれると思います。

 

また体験会なども計画していきたいと思いますので、どうぞお気軽にお越しください。

 

 

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

Logo



神話の岩戸をイメージさせていただきました。 赤は太陽、黄色は天照大神の冠、緑は榊です。

創作神舞の本棚

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM