岐阜・美濃手すき和紙

  • 2020.05.21 Thursday
  • 23:04

 

五輪の表彰状は、美濃手すき和紙が使われるのですね。

 

五輪は1年延期になりましたが、そのため、只今、手すき和紙も熟成中なのだそうです!

 

 

手すき和紙は、時間を置くと状態がよくなるのだそうです。

 

それはなぜか?

 

手すき和紙は、薬品を一切使わないため、空気に触れると白さが増す、

 

また、時間を置くことで紙が吸湿と感想を繰り返し、しっとりとして

 

肌ざわりがよくなるから、とのこと。

 

 

これを聞いて、とてもよく分かりました。

 

そういうことだったのですね。

 

和紙の質感、温かい肌触り、柔らかくて優しい感じ。

 

和紙のあたたかみは何とも言えないですね。

 

 

埼玉県の小川和紙の工芸会館に一度、行ったことがあります。

 

手すき和紙体験もやってみたかったなあと思いますので、

 

次に機会があったら、ぜひチャレンジ!

 

 

☆埼玉伝統工芸会館

 

 

美濃和紙は、直接拝見したことはないのですが、伝統的な製法や用具を

 

使ってすいた紙は「本美濃紙」として国の重要無形文化財になっているそうで、

 

ぜひ一度、訪れてみたいなぁと思います。

 

 

美濃和紙は1300年の伝統があるそうで、こちらで体験もできるようです。

 

(今はコロナのため休館されているそうです)

 

 

☆美濃和紙の里会館

 

 

 

手すき和紙の表彰状、想像しただけでワクワクです!

 

 

千代紙のチョコレート?!

  • 2020.05.14 Thursday
  • 08:28

 

東京みやげのオンラインサイトができたそうです。

 

今は旅行も帰省もできないけれど、おみやげだけでも取り寄せたら楽しいですね。^^

 

 

☆東京みやげ、はい!

 

 

どれもステキなのですが、その中で、特に目をひくものがありました!

 

千代紙や着物の柄のチョコレートなのだそうです!

 

パレスホテル東京のショコラティエが一つ一つ丁寧に作るものだそう。

 

6枚入りで2808円、3240円、12枚入りで5616円と、

 

決して安くないお値段ですが、写真を見るとびっくりします。

 

これはすごい!

 

と思えると思います。^^

 

きれいな箱に入っていますので、贈り物にも喜ばれると思いますし、

 

和雑貨好きな人なら、自粛期間をがんばっている

 

自分への贈り物にしてもいいかも。

 

 

☆千代ちょこ(パレスホテル東京)

 

 

旅行にいかなかったGWの代わりに、ご家族で楽しんでもいいですよね。

 

和のものが好きな私は、写真を見て思わず、きれい!と言ってしまいました。

 

 

そして、このお土産を販売しているのは、パレスホテル東京ですが、

 

このホテルは皇居の大手門の目の前にあります。

 

ここのお堀には、よく白鳥が来ています。

 

ここから、皇居東御苑に入れますが、中をどんどん進んでいくと、

 

天守台があり、その近くに楽部庁舎があり、春と秋には雅楽の公演があります。

 

という、本当に、緑に囲まれた素晴らしい場所にあるホテルなので、

 

そんなことも思いながらお土産を見ると、またさらに旅行しているような

 

楽しい気分になれるかもしれないですね。

 

 

先生の背中を見て学ぶ

  • 2020.05.13 Wednesday
  • 11:47

 

舞を習っているとき、先生に言われる言葉があります。

 

先生の背中を見て覚えてください、学んでください。

 

背中を見て覚えるとなると、本当にそこに全神経を集中することになります。

 

先生の動き、楽の拍子に合わせること、五感をフルに使います。

 

言葉で解説されるのではなく、自分で感じ取って見つけていく。

 

言葉だけでは伝えられないものがある。

 

その奥深さが和文化らしいと思います。

 

 

二十四節季:立夏

  • 2020.05.08 Friday
  • 12:09

 

5月5日から二十四節季では「立夏」が始まりました。

 

5月19日までだそうです。

 

この前は「清明」だったかと思うと、もう「夏」の字が入るようになり、

 

季節の移りかわりに驚きます。

 

立夏とは、春分と夏至の中間だそうで、ここから立秋までが「夏」だそう。

 

春が極まり夏の気配が立ち始める日、だそうです。

 

 

確かに、5月5日はGWの最中で、ちょうど日差しも強くなり、空気もからっと乾燥してきて

 

日中は少し汗ばむ陽気、半そでになったりして、初夏になってきたな〜と思うころですね。

 

お天気のお姉さんがよく「暦の上では」と言いますが、暦と季節の感覚は、

 

なくてはならないものだなぁと思います。

 

この感覚がなくなってしまうと、無感覚というか、きっと何をみても感動しなくなって

 

しまうのかもしれないですね。

 

 

新芽の輝きや風や花のにおいを感じる。

 

日差しの強さや雨が降ったときの土のにおいを感じる。

 

自然の中にあるものに、四季の微妙な変化を見ていく。

 

昔とは生活様式が変わってきても、この感覚は大事にしたいです。

 

 

姿勢を改善する

  • 2020.05.07 Thursday
  • 22:54

 

姿勢を見直すこともとても大事だと思います。

 

意外と気が付かないクセがあります。

 

歩き方と同じく、慣れてしまっているんですね。

 

右肩と左肩の高さが違うとか、骨盤まわりの固さとか。

 

姿勢改善について学んでみました。

 

アドバイザーの資格を取りましたので、もっと活用していけると思います。

 

 

足をほぐすには

  • 2020.05.04 Monday
  • 07:48

 

舞は日本的な動きなので、中腰というか、意外と足腰をしっかり使うので、

 

エクササイズでは、足全体をほぐすようにしています。^^

 

足首もやわらかくなるように、ゆっくり回します。

 

ふくらはぎと骨の間のところを、ゆっくり下から上へ軽く押していきます。

 

これだけでもすっきりします。

 

ひざもほぐすために、屈伸をしたりひざを回したりします。

 

ふくらはぎ、太ももの後ろも伸ばします。

 

軽くジャンプするのも効果的です。

 

和の動きとして、ナンバ体操もいいですよ。

 

右なら右、左なら左の骨が連動して動いていくと、筋肉だけでなく

 

骨の動きも大事だなと分かります。

 

 

おうちエクササイズ

  • 2020.05.03 Sunday
  • 15:51

 

おうちでエクササイズには何がいいでしょう?

 

広いスペースがなくてもできるもの。

 

今はオンラインのワークショップが増えているので、いろいろ見つかります。

 

いすでできるヨガとか。

 

いいですね。

 

いす一つあればできる、これならおうちでできそうです。

 

 

舞のお稽古のときも、身体をほぐすエクササイズだけなら、

 

自分が立っている場所でできる動きです。

 

あと、床に座って足を投げ出せれば、もっといいですね。

 

かんたんに言えば、畳一畳くらいのイメージです。

 

ほぐすときは、足から上に向かっていきます。

 

足首は体中の筋肉とつながっているので、じっくり回す。

 

足首が固いときは、肩とか腰も固く感じられます。

 

手もぶらぶらさせます。

 

手の先から、疲れが抜けていく気がしませんか?^^

 

そんな気がする、というアバウトな感覚も大事です。

 

身体で感じることは、実際、そういう感覚なのだと思います。

 

 

私も先日、ダンスのオンラインレッスンを受けました。

 

楽しかったです!

 

オフラインのように、先生に実際に細かいところまで見てもらうことはできないけれど、

 

画面を見ながら一緒に動く。

 

部屋の中でできる動きを選んでくれているので、広いスペースでなくてもできました。

 

しっかり汗をかいてすっきりしましたよ。

 

 

身体を動かしていますか?^^

  • 2020.05.01 Friday
  • 10:56

 

連休の時期になりました。^^

 

初夏の陽気のとてもいい時期に、今年は遠出できなくてざんねんですが・・・

 

でも、行楽地に行くことだけが楽しみ方ではない?!

 

ベランダで日光浴でもいいんです。

 

パリ在住のある方が書いていましたが、外出できなくて、どんどん周りの家の

 

バルコニーや庭とかがきれいになっていく、と。^^

 

おうちでできることを見つけるのも楽しい。^^

 

忙しいときにはできなかったこまごましたことをやるのも、リラックスできる楽しみ。

 

自分の住む家が整理整頓されて、すっきりしていったら、

 

精神的にはとてもラクになるかもですね。

 

 

おうちで見つける楽しさは、いろいろありますが、

 

身体を動かすこともいいですよ!

 

身体をゆらしてほぐす。

 

しっかり伸ばしてストレッチ。

 

椅子に座ってもできるエクササイズ。

 

特に、朝起きたときに、体中をぶらぶらさせてほぐすと、すっきり目が覚めます!

 

 

舞のお稽古でも、エクササイズはしっかりやります。

 

身体を大切に使う。

 

身体と対話して使う。

 

 

数分でOK。

 

30分も動かしたら、汗もかくはず。

 

すっきりします!!!

 

 

ジムに行けなくても、外でスポーツできなくても、できることはたくさんある。^^

 

せっかくおうちにいるのなら、おうちで楽しまないともったいない。

 

と、気持ちも明るく、ステイホームでがんばりましょうね!

 

 

新ブログご紹介:「和の杜」

  • 2020.04.29 Wednesday
  • 11:34

 

私たちの会のメンバーの杜和さんがブログを始めましたので、

 

ご紹介させていただきます。^^

 

「和の杜」

 

http://wanomori.jugem.jp/

 

 

杜和さんは日本の建築などにも詳しい方で、水引細工も学ばれていますので

 

和心フェスティバルでも、水引の結び方のワークショップを

 

やっていただいています。

 

また、手作りサイトのミンネでは、赤いハートの水引細工を

 

出品していただいています。

 

 

こちらのブログも、これからご覧いただけると嬉しいです。^^

 

よろしくお願いいたします〜。

 

番舞(つがいまい)

  • 2020.04.23 Thursday
  • 18:37

 

番舞(つがいまい)とは、雅楽の舞、舞楽でペアになる、一対の舞です。

 

舞楽には、右舞と左舞があり、それぞれ交互に演舞する舞台になり、

 

そのときに左と右それぞれから舞う舞が決まっているそうで、

 

装束の様式や舞の形式など、似たものが対になっていると

 

言われています。

 

 

たとえば、左舞の蘭陵王と右舞の納曽利(なそり)です。

 

蘭陵王は、赤の装束でこわい顔に見えるお面をかぶります。

 

昔、北斉(550年〜577年)という中国の南北朝時代の国に

 

とても美しい武王がいてあまりの美しさに兵士の士気があがらなくなるので

 

戦のときはお面をかぶった、という伝説だそうです。

 

兵士たちも見とれるとは、どれだけ美しい人だったのでしょうね!?

 

納曽利は、緑色の装束で、二頭の龍が仲良く舞っている様子ともいわれて

 

いるようです。

 

龍というところが神秘的でもあり、何かの伝説がありそうな・・・

 

由来を知りたいですね。

 

 

どちらも本当に美しい舞で、美しいけれど勇壮であり、

 

本当に一度見たら忘れられないと思います。

 

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

清明の会 ロゴマーク



神話の岩戸をイメージさせていただきました。 赤は太陽、黄色は天照大神の冠、緑は榊です。

創作神舞の本棚

和心スタディグループ ロゴマーク

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM